お腹のたるみを解消するには2つの原因を知るべき!


私が気になっていたのはやはり太っているという事の中でもお腹のたるみでした。
このたるみをどうにかしたいと長年思っていて、ダイエットを実践しました。

 

 

様々なダイエットを試してみましたが、効果があるダイエットと効果がないダイエットって大きく分かれます!
理由は、お腹がたるむ原因別に対処方法があるからです。

 

 

きっぱり言いますが「筋トレの腹筋運動はお腹のたるみ改善にほとんど意味がない」と言う事を覚えておいてください。

 

 

 

効果が薄いお腹たるみ解消方法を実践しても意味がないんです!自分のお腹のたるみに合った解消方法で解消・改善するのが最も効率的、効果的にお腹のたるみを解消するポイントです!その為にはなぜ、どのような原因でお腹がたるんでいるのかを把握する必要があります。
以下お腹がたるむ2つの原因になります。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

お腹がたるむ2つの原因とは?


お腹がたるむ事には2つの原因があります。
それぞれ全く違う原因からお腹のたるみが生じます。自分がどの原因でお腹がたるんでしまったのかを把握する事が先決ですね!
自分のお腹のたるみが把握出来たら次はその原因に応じた改善方法を実践するだけです!

 

お腹がたるむ2つの原因とは@「内臓下垂と脂肪が合わさった原因」とA「脂肪のみがお腹についてしまった原因」に分かれます。
当てはまる原因タイプの情報を参考にしてください。

 

チェック!お腹がたるむ2つの原因

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

原因@内臓下垂+脂肪によるお腹のたるみとは!?


1つ目の原因は脂肪のみでお腹がたるんでいるのではなくて、内臓が下がっている状態があり、そこに皮下脂肪が付く事でお腹がたるむ状態のお腹のたるみです。

 

 

この場合は、脂肪を燃焼するような定期的な運動と規則正しい生活、また、食事制限などで改善するのは脂肪を落とす事のみです。
内臓が下に垂れる「内臓下垂」は運動や食事制限だけでは治す事が出来ません。
内臓下垂を治す対策をする必要があります。

 

 

そもそも内臓下垂が起こってしまう原因は!?

内臓下垂が起こって、そこに脂肪が付きお腹がたるむケースで問題なのは内臓下垂のほうですね!
そんな内臓下垂が起こってしまう原因はいくつかあります。

 

以下内臓下垂が起こる原因です。

 

内臓下垂が起こる3つの原因
骨盤の歪みや開きが原因のケース

骨盤に歪みや開きが生じている事で、骨盤が本来支える内臓が支えきれない状態になる事があります。
この骨盤で内臓を支える事が出来ない理由で、内臓が下がってきます。

 

下がった内臓はお腹の下腹をぽっこりと膨らませますが、ここに脂肪が付きやすい状態になります。
そのぽっこりと出たお腹に脂肪が付く事でお腹がたるむという状態になります。

 

根本的な原因は「内臓下垂」と言われるものなので、脂肪燃焼系のダイエットをしてもお腹のたるみがお腹のぽっこりにまでは治りますがそれ以上はそのぽっこりは「内臓下垂」の為治る事はありません。

 

 

後ほど解消方法を伝えますが、この場合は骨盤を正して内臓を元の位置にキープする事が重要です。合わせて垂れる程の脂肪が付いているのならその脂肪を脂肪燃焼やカロリー制限などで解消するという2方向からのダイエットが必須です。

 

 

チェック!骨盤にダメージを与える2つの原因

骨盤が歪んだり、開いたりする原因は、大きく2つあります。
1つは、悪い姿勢や猫背姿勢の長期化により、骨盤に負担がかかり、歪むという事です。

 

もう1つは、女性の方限定ですが、妊娠出産をする事で骨盤底筋が弱まる事があります。
この骨盤底筋が弱まる事により、骨盤に歪みや開きが生じやすい状態になります。産後お腹がたるんできたと言う女性の方はAの原因である骨盤底筋が弱まった事で骨盤に歪みや開きが生じている可能性があります。

 

骨盤の不具合による内臓下垂の改善方法については「骨盤系内臓下垂を対策する改善方法」で詳細に記載しています。

 

 

 

インナーマッスルの「腹横筋」「腹斜筋」の筋力低下によるお腹のたるみ

お腹のたるみの原因Aは腹筋の内側の筋肉であるインナーマッスル筋肉の腹横筋と腹斜筋が低下している事でお腹がたるむ事です。
お腹の中で内臓を支えている筋肉は腹横筋と腹斜筋と言われる筋肉です。

 

腹筋の両サイドあたりの位置の筋肉ですが、ここは表面の筋肉ではなくて内層の筋肉になり、このような内層にある筋肉をインナー(内側)にあるのでインナーマッスルと呼んでいます。

 

 

このインナーマッスル筋肉の腹横筋と腹斜筋の筋力が低下している事で内臓を支える力が弱まり、支えきれずに内臓が下に下がる事があります。この状態になると内臓が下部に移動してお腹がぽっこりと出てしまいます。
この場所は脂肪が非常に付きやすく、脂肪が付く事でこのぽっこりがお腹のたるみに変わっていきます。

 

 

この状態になると「お腹がたるんでいる」と呼ばれる状態になります。
後述しますが、このインナーマッスル筋力を鍛える事で内臓を支える力が戻りお腹のたるみとぽっこり状態も改善していきます。
つまり内臓下垂を対策する事が出来ます。

 

 

インナーマッスル筋力低下による内臓下垂の改善方法については「インナーマッスル筋力低下による内臓下垂改善方法」で詳細に記載しています。

 

 

 

 

猫背・悪い姿勢によるお腹のたるみ

お腹がたるむ原因Bは悪い姿勢や猫背姿勢の長期化です。
悪い姿勢(身体が曲がった姿勢など)や猫背姿勢によって、お腹がたるむのですが、その原因は2つあります。
悪い姿勢や猫背姿勢などの場合は2方面からお腹がたるむ事を促進されると覚えておいてください。

 

 

 

悪い姿勢でお腹がたるむ原因@

身体が曲がった姿勢や悪い姿勢になると上記のお腹がたるむ原因Aで紹介したインナーマッスル筋力の腹横筋と腹斜筋が使われない状態が続きます。
この状態が続くと腹横筋と腹斜筋の筋力低下が進み内臓を支える事が出来ない状態になって内臓が下に垂れてお腹が出る状態になります。

 

悪い姿勢でお腹がたるむ原因A

曲がった悪い姿勢や猫背姿勢は身体の内層の血流の流れを遮ります。血流がうまく流れない事によって体全体に栄養素が行き渡らない状態が続きます。特に内臓を直接に支える内臓膜に栄養素が行き渡らない状態が長く続くと内臓膜が内臓を支える事が出来ない状態になり、内臓が正常な位置よりも下に下がります。この理由でお腹が出る状態になります。

 

 

どちらの原因でも姿勢が悪い事によって内臓下垂が起きている場合には「悪い姿勢による内臓下垂を対策する改善方法」で改善方法を詳細に記載しています。

 

 

 

 

原因A通常の脂肪のみのお腹のたるみとは!?


お腹がたるむ原因Aは通常の脂肪が付いた状態です。脂肪の種類は「皮下脂肪」になります。
通常の肥満と同等ですが、大食い、過食、脂肪燃焼が少ない(運動が少ない)、などの原因で脂肪燃焼が足りない事と脂肪や糖質の吸収が激しい事で脂肪が付きます。

 

また、内臓を守る為にお腹に脂肪は付きやすいとされていますが、女性の場合は子宮があり、子宮をより身体は大切な物と位置付ける為に女性のほうがお腹への脂肪蓄積のケースは多いのも特徴です。

 

 

このお腹のたるみの原因Aの場合もう1つの原因である「内臓下垂」+「脂肪」という形ではなくて、単に「脂肪」のみの原因になります。
対応策は簡単で、以下の事を徹底すると改善していきます。

 

@脂肪燃焼が足りない=脂肪燃焼を促進する事
A脂肪や糖質の体内吸収が激しい=脂肪や糖質の体内吸収を抑える

 

 

脂肪のみでお腹がたるんでいる場合は、@脂肪燃焼を促進する作用とA脂肪や糖質を体内に吸収するのを抑える作用の両方を持っているプーアール茶が効果的です。

 

毎日飲むお茶をプーアール茶に置き換えて生活してみてください。
驚くようなダイエット効果を実感できると思います。

 

より詳しい改善方法は「脂肪でお腹がたるむ場合の改善法」で紹介しています。

 

 

 

お腹のたるみ解消方法!短期間で即効で改善する!


お腹のたるみの原因が分ったら後は解消方法ダイエットで解消するのみです!
以下が2つの原因別のダイエット方法になります。

 

「内臓下垂を伴うお腹のたるみの改善方法」と「脂肪のみが原因のお腹のたるみの改善方法」です。

 

チェック!2つのタイプのお腹のたるみの改善方法
@内臓下垂を伴うお腹のたるみ 改善方法の詳細
A脂肪のみのお腹のたるみ 改善方法の詳細

 

 

 

内臓下垂を伴うお腹のたるみの改善方法


前述しましたが、内臓下垂を起こす原因は大きく3つあります。
@「骨盤の歪み・開きが原因のお腹のたるみ」とA「インナーマッスル筋力(腹横筋と腹斜筋)の低下によるお腹のたるみ」、B「悪い姿勢・猫背姿勢が原因のお腹のたるみ」です。

 

それぞれの改善方法を以下に紹介しますので参考にしてください。
内臓下垂だけを治すならキーワードは「姿勢を正す事」ですね!

 

 

骨盤の歪み・開きが原因のお腹のたるみの改善法

骨盤の歪みや開きが原因のお腹のたるみの場合は、その骨盤を正す事から始めます。
原因が、猫背であれ、妊娠・出産であれ、骨盤の歪みや開きを治すには「骨盤矯正」が必須です。
骨盤矯正は接骨院、整骨院などでも可能ですが、実は姿勢を正しい姿勢にして長期間生活するだけでも骨盤矯正が出来ます。

 

正しい姿勢になると骨盤へのダメージが無くなるので、骨盤が徐々に正常化していきます。
逆に悪い姿勢は骨盤に負荷を与えるので骨盤の歪みや開きがいつになっても治らない原因になります。

 

骨盤を矯正する為に姿勢を矯正する事がオススメですが、姿勢を正す事は難しいのも現状です。
しかし、現在では着るだけの姿勢矯正グッズなどがありますので、サポートとして使用する事で効率性が上がりますね!

 

 

チェック!着るだけの姿勢矯正グッズ
男性用!姿勢矯正グッズ ⇒「マッスルプレス
女性用!姿勢矯正グッズ ⇒「美姿勢ビルダー

 

 

 

 

お腹が垂れる状態は内臓下垂でお腹が出ている箇所に「脂肪」が付く事でもあるので骨盤矯正で「内臓下垂」を治しつつ、脂肪対策も独自に実践してみてください(定期的な運動・食事カロリー制限など)

 

 

インナーマッスル筋力(腹横筋と腹斜筋)の低下によるお腹のたるみ改善法

インナーマッスルの腹横筋と腹斜筋が低下して内臓が垂れているのならまず実践する事は「内臓下垂」を起こしている原因であるインナーマッスルの筋力をアップさせる事です。

 

 

インナーマッスル筋力は決して通常の腹筋運動では鍛える事が出来ません!
内臓を支える筋力であるインナーマッスルの腹横筋と腹斜筋は真っ直ぐに立ち、身体を左右に動かす事でその筋肉を使用する事が出来ます。

 

良い姿勢になると、自然とこの筋肉が使われると言われています。
また、短期間で効率よくこの腹横筋と腹斜筋を鍛えるには着るだけで腹筋の他に腹横筋と腹斜筋も鍛える事が出来るグッズもありますのでそのような便利なダイエットグッズも使用すると効果が高いと言えます。

 

 

着るだけで腹横筋と腹斜筋が鍛える事が出来るグッズとは「姿勢矯正を着るだけでしてくれる商品」です。
正しい姿勢を無意識のうちに続けるだけで知らない間に腹斜筋や腹横筋、それ以外のお腹のインナーマッスルと呼ばれる深層筋肉を使用する生活をしている事になり、これらの筋力がアップします。

 

チェック!着るだけの姿勢矯正グッズ
男性用!姿勢矯正グッズ ⇒「マッスルプレス
女性用!姿勢矯正グッズ ⇒「美姿勢ビルダー

 

 

 

 

 

腹横筋と腹斜筋の低下で内臓が下がりぽっこりとお腹が出てしまいます。そこに、脂肪が追加してお腹が垂れる状態になります。
対策は上記の「内臓下垂」対策と通常の脂肪対策も合わせて実践してください。

 

 

 

悪い姿勢・猫背姿勢が原因のお腹のたるみ改善法

悪い姿勢(曲がった姿勢など)や猫背姿勢が原因のお腹のたるみがある場合は、まずやるべき事は「正しい姿勢にする」です。
正しい姿勢にする事でお腹の中で内臓を支える役割がある腹横筋と腹斜筋を使う事が出来るので長期間スパンで見るとゆっくりと改善していきます。

 

 

また、血流の流れが悪い事も良い姿勢になる事で血流が良くなり、内臓膜に栄養が行き届くようになります。このような状態になると内臓膜に栄養が付き、内臓を支える力が戻ります。

 

 

姿勢矯正は姿勢を正しくするという意識だけでも変わります。毎日「姿勢を正す事」を意識して生活してみてください。
短期間で姿勢矯正を目指すなら「姿勢矯正グッズ」があります。

 

チェック!着るだけの姿勢矯正グッズ
男性用!姿勢矯正グッズ ⇒「マッスルプレス
女性用!姿勢矯正グッズ ⇒「美姿勢ビルダー

 

 

 

 

 

姿勢を正して「内臓下垂」を治すダイエットと平行して脂肪対策のダイエット(定期的な運動、食事制限など)も実践してください。
お腹がぽっこりの場合は内臓下垂のみの対策で大丈夫ですが、お腹にたるみが出ている場合は内臓下垂で出たお腹にさらに脂肪が付いている状態にあります。

 

 

 

 

脂肪のみが原因のお腹のたるみ対策ダイエット


お腹のたるみの原因Aである脂肪が付いている状態のみでお腹がたるんでいる場合は、それは脂肪の中でも「皮下脂肪」と呼ばれる脂肪です。お腹に付きやすい理由は内臓などを守る為に他の部位よりも局所的にお腹に付きやすいと言われています。

 

 

特に、女性にお腹の皮下脂肪が多いのは女性には赤ちゃんを産む為の子宮があり、その子宮を守る為に男性よりも女性により多くお腹周りの脂肪は付きやすいとされています。

 

 

皮下脂肪も通常の脂肪と同じく燃焼が出来たり、元になる脂質や糖質も抑える事が出来るので、対策は通常のダイエットと同等に@脂肪燃焼を促進する事とA体内へ脂肪や糖分の吸収を抑える事を実践してみてください。簡単に言うと以下のダイエットを実践してください。

 

  • 脂肪燃焼効果=定期的な有酸素運動
  • 体内への脂肪や糖分の吸収を抑える=カロリー制限、糖質制限

 

 

また、@の脂肪燃焼を促進する効果とAの体内への脂肪や糖分の吸収を抑える効果の両方の作用があるお茶があります。
前述していますが、それは「プーアル茶」です。

 

 

プーアル茶の重合カテキンが脂肪対策ベスト!


通常のお茶にはポリフェノールが含まれている事で脂肪燃焼促進効果や脂肪や糖分の吸収抑制効果があります。
このポリフェノール類の中でもプーアル茶に入っている「重合型カテキン」はポリフェノールの中でも格段に脂肪燃焼促進効果と体内への脂肪や糖分の吸収を抑える力が強いとされています。

 

 

さらにプーアール茶には、リパーゼ酵素と言われる脂肪を燃焼する酵素に強く働きかける作用もあり、脂肪が体内に溜まった状態でもすぐに燃焼する作用があります。
脂肪ダイエットを効果的、効率的に実践するならプーアル茶は必須の飲み物と言えます。

 

 

現在飲んでいるお茶や水、コーヒーなどを「プーアル茶」に置き換えてみると効率よくダイエットが出来ます。
プーアル茶は飲みやすいし、置き換えるだけなので継続率が高いのも特徴ですね!

 

 

もちろん、プーアル茶を毎日食前や食後又は食中に摂取していても、あまりのも過剰な脂質や糖類の摂取は禁物です。
毎日の軽い運動であるウォーキングなどの有酸素運動も続ける事で脂肪燃焼の効率がさらに上がります。

 

脂質や糖質を抑えた食事と定期的な有酸素運動、そして毎日プーアル茶を摂取する事でお腹の脂肪は落とす事が出来ます。
始めは内臓脂肪から落ちていくのでお腹がたるむ原因の皮下脂肪はそのあとになり、すぐには落とせませんが継続すれば確実に皮下脂肪も落ちていきます。

 

 

毎日飲むプーアル茶も出来るだけ質が良く、安全性が高く、さらに美味しいプーアル茶を選びましょう!
これが脂肪によるお腹のたるみを改善させるキーワードですね!

 

 

チェック!ランキング1位のダイエットプーアル茶
ランキング1位のダイエットプーアル茶 ⇒「ティーライフのダイエットプーアル茶

 

 

記事担当者 大竹諭助教授
研究内容(過去の研究含む)

研究分野:食生活と身体の変化について(2002年〜)
以前の研究分野:悪い姿勢が身体に与える影響など

 

 

 

 

 

お腹のたるみの原因別対策で重要な事


お腹がたるむ事は2パターンあり「内臓下垂」+「脂肪」のケースか「脂肪」のみのケースになります。

 

 

内臓下垂も原因にある場合は「内臓下垂」対策だけではなく、脂肪対策も合わせて実践してください。
「内臓下垂」対策をすると内臓は元通りの位置に戻りますが、お腹がたるんでいるという事は脂肪も多少付いているので脂肪を取る通常ダイエットも必要です。

 

 

逆に脂肪対策だけしても、「内臓下垂」が治っていなければ、お腹の「たるみ」が「ぽっこり」のお腹にまで治るだけで、完全に正常体型とは言えません。(ぽっこりが残っているのは内臓下垂の為)

 

 

原因Aの脂肪のみのお腹のたるみのケースは脂肪対策のみで改善が可能です。
しかし、その分、お腹のたるみの原因である皮下脂肪を確実に落とす為の努力も必要です。
対策方法は「脂肪が原因のお腹のたるみ改善法」で記載していますが、ダイエット商品だけを購入して楽にダイエットせずに、合わせて定期的な運動とカロリー制限にも取り組む必要がありますね!

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

お腹のたるみ改善に役立ちサポートグッズ


お腹のたるみには2つの原因があります。それぞれの対処方法、ダイエット方法は記載しましたが、よりその対処方法を確実に短期間で効果を出す為のサポートグッズを紹介していきます。

 

 

内臓下垂があるケースのお腹のたるみは内臓下垂対策の為の姿勢矯正商品を使用する事がベストです。
正しい姿勢で長期間生活をする事で骨盤に負荷がかからずに正常化、お腹のインナーマッスル筋力も使用する事になるのでインナーマッスルの筋力アップ、姿勢が曲がっていないので血流も良くなり内臓を支える内蔵膜にも栄養が伝わり強化されます。
最終的に内臓下垂が改善されます。

 

 

また、脂肪がお腹に付く事でお腹がたれる場合は「皮下脂肪」になります。
皮下脂肪対策で最も効率的なのがお茶のダイエットです。もちろん毎日の運動や食事制限のダイエットをしながらが最も効果があります。

 

 

自分だけの実践では不安、より短期間で効果を出したいと考えている人は使用する事がベターですね!

 

 

 

 

男性用の姿勢矯正商品


着るだけで姿勢が矯正出来る他、インナーマッスルの筋力アップ、腹筋力のサポートなど男性にはメリットばかりです。
人気の秘密は「着るだけ」にあります。
スパンデックス繊維を採用している事でゴム以上の伸縮率があり、これがどんな身体にもフィットする理由です。

 



 

24時間ボディメイク【マッスルプレス】

 

 

 

 

女性用の姿勢矯正商品


姿勢を単に矯正する効果だけではなく、女性らしい美しい姿勢を意識して作られました。
「着るだけ」で姿勢が自然と正しい姿勢、美しい姿勢になる事が魅力ですね!
女性ならではの悩みの「痛み」や「蒸れ」などを考慮して対策された商品です。

 



 

美姿勢ビルダー

 

 

皮下脂肪を楽に落とすプーアル茶


お茶の中でも最も脂肪燃焼と脂質や糖質の吸収を抑える力が強いとされる「重合カテキン」が配合されているプーアル茶。
そんなプーアル茶の中でも、選抜されて質が高いプーアル茶を使用しています。

 

 

さらに安全面でも現地と日本でのダブル検査をしている事もランキング上位の秘密ですね!
飲みやすさ、美味しさも追及しているのでダイエット目的でない人でも皮下脂肪を付くのを防ぐ予防の目的で気軽に飲む人も多いのが特徴です。

 



 

 

134万人が感動したダイエットプーアール茶

 

 

 

お腹のたるみって気になりますよね。若いうちはあまり「たるみ」がでないのですが、30歳を境にどんどんたるみがでてきます。
いろんなたるみ方があるのですが、お腹だけは非常にたるみが早いと言われています。まずは、脂肪だけが原因なのか、それとも、「内臓下垂」と「脂肪」の両方からたるみが出ているのかを見極める事が重要です。

 

見極める事が出来たら「原因別の対策方法」でダイエット対策するという流れが短期間で効率的にお腹のたるみを解消出来る方法です!

 

 

 

記事担当者 大竹諭助教授
研究内容(過去の研究含む)

研究分野:食生活と身体の変化について(2002年〜)
以前の研究分野:悪い姿勢が身体に与える影響など

 

スポンサードサーチ