腹筋や筋トレ以外のお腹引き締めダイエットを知る事が重要!


お腹のたるみを気にする人はまず、腹筋を付けようと腹筋運動を実践する事と思います。
しかし、腹筋運動では全く効果がありません。腹筋運動で鍛える事が出来るのはお腹の上の部分です。
お腹を割りたい時には有効ですが、お腹のたるみがあり、下腹付近に脂肪が蓄積している場合はほとんど効果がありません。

 

 

 

なぜならそのお腹は脂肪ではなくて「内臓」の可能性が高いからです。お腹のたるみの原因は「トップページ」でも紹介している通り脂肪のみの場合と、脂肪と内臓下垂が合わさったケースがあります。

お腹がたるむ原因の詳細は「お腹がたるむには2つの原因があった」で紹介しています。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

脂肪のみでお腹がたるんだ場合は効果が少なからずあるかもしれませんが、内臓下垂を伴う原因のお腹のたるみは「内臓」が関わってきているので表面的な腹筋の筋肉を付ける事では改善になりません。

 

 

 

お腹を引き締めるダイエットは、お腹のたるみの原因を知り、それに合わせた対策方法ダイエットをする必要があります。
この事を分かっていないといつまで経ってもお腹のたるみは解消できないままです。

 

 

 

自分のお腹がたるむ原因を把握する事!


まずは、自分のお腹のたるみの原因は2つある原因のうちのどちらかを把握する必要があります。

 

 

脂肪のみが原因の場合も腹筋や筋トレなどの無酸素運動はあまり効果がなく、身体が出来るだけ脂肪燃焼活動を起こしている状態にすれば良いので簡単なジョギングやウォーキングなどの有酸素運動で十分です。

 

そこに食事制限や脂肪燃焼のサポートでも紹介している「ダイエット系のプーアル茶」などの脂肪燃焼効果や脂質や糖質の吸収を抑える効果がある飲み物も定期的に飲む事で簡単に改善する事が出来ます。

 

 

原因が内臓が垂れてお腹が出る事の「内臓下垂」が関わっていても、治し方は「」で紹介しているように姿勢を正す事です。姿勢を正す事でお腹の深層部分の筋肉(内蔵を支える役割がある筋肉)や骨盤への負荷を無くす事が出来て内蔵を正常な位置に戻す事が出来ます。

 

 

「内臓下垂」を伴お腹のたるみの改善方法の詳細は「内臓下垂を伴うお腹のたるみ改善法」を参考にしてください。

 

 

 

 

 


トップ/お腹のたるみ改善法
内臓が垂れる内臓下垂を伴っている場合
皮下脂肪が直接の原因のたるみの場合


スポンサードサーチ

 

TOPへ